玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20100525 「贈り物」


苦しいことも、辛いことも
全て自分の為にあったこと、
そしてあるもの。

自分を鍛えてくれる人に感謝。

今までの人生を洗い直し、
今を見つめる。

幸せは外にあるのではなく
自分のうちにある。

大いなる神の愛を
大いなる父なる神の、
自然の愛を、与えられている。

全てわかっている。
頭では・・。

自然の中で、あぜ道で、
荘厳な山を見つめ

確かに幸せだなぁ~と
思っていた。

でも、ぽっかりココロに
なにか あいていた。

苦しかった。

もがいていた。

ど~したらいいの。

これ以上わたしは
何をしたらいいの?

そんななか「前島 秀子」さんとの
出会いがあった。

秀子・・ひでこ・・でこちゃん・・・。

覚醒者のひとりだ。

セミナーにいき
「みんな一人ひとりが神である」
という、話をでこちゃんからお聞きした。

そして思いついたようにでこちゃん、
でこちゃんのCDの説明をしてくれた。

それはでこちゃんが天から
いただいたメッセージに

天からおりてきた曲をつけてくれた
人がいて

そして天使の声で唄ってくれる
ひとがいて

できたCDだった。

「これは私がめざめるときの流れが
 謡われたCDなの」と・・・。

今日改めて説明をしたって
でこちゃんが言っていた。

なにか私の心中を見通して
言ってくれているような気がした。

すぐに買った。

帰ってから聴いた。
なんて懐かしい旋律。
美しい歌声。

そして素晴らしい「詩」=「詞」

すべて天上界からの贈り物。
この旋律は魂が知っているように
思った。
きっと天でみんなで歌っていたんだ、
って、おもった。

涙が怒涛のように流れてきた。

胸からこみあげてくる・・
魂がはじけたように何かが
流れていく。
魂の琴線にふれた。

もう止まらない、
わんわんという泣き方では
可愛い過ぎる、
ぐわーというか、がーっていうか
地をふるわせるような泣き方しか
できなかった。

CDを聴きながら延べ何時間
泣いただろうか。

昼にひとりで聴きながら、始まって

お客様がいらしてお客様の目の前で
とめられず泣いて、

夜寝るとき泣いて。。
というより、吠えるように、
といった表現が近い。

よくもこんなに泣けたものだ。
自分でもびっくりだ。

全部で11曲。

すべてすべて 心にしみわたる。

旋律、歌声をお伝えできないのが
残念だ。

「神よどうか愛を光を」
あなたの心の中に 宇宙はあり
あなたの心より放たれし光にて
宇宙は照らされている
その光 曇りなき
あなた自身 この光に気付くとき
全ての不幸と呼ぶ人類の悲しみはなくなる

あなたの心の中に 神があり
あなたの心より 愛があふれ出る時
人々は平和以外の物を掴む事はできない
その愛 宇宙に満ち
あなた自身 己の愛で癒され
すべての万物と手をとり神と
一体になることが出来る

「生命(いのち)万歳」
この世は暗かったの
あちらに こちらに
つまずいた 傷つき 傷ついてきた
私が生きるために
この世が暗いことすら 気付かなかった
こんなもんかと思ってた

もう大丈夫 わたしの生命さん
永遠の始まりから届く 祝福のメッセージは
私を祝福へと導く
ああ生命万歳
ああ生命万歳

生きることに疲れたの
変わり続ける世界で 私も変わった
変わらぬ愛が欲しかった
手探りでない未来が こんな私でない私を
 
もう大丈夫 わたしの生命さん
永遠の始まりから届く 祝福のメッセージは
私を祝福へと導く
ああ生命万歳
ああ生命万歳

「私を救う光 祈った 「助けて神様」 
諦めかけたある日 突然きらめく1条の光
閃く愛の言葉 私の神が
暗闇のなかからやってきた

もう大丈夫 わたしの生命さん
永遠の始まりから届く 祝福のメッセージは
私を祝福へと導く
ああ生命万歳
ああ生命万歳

ああ生命万歳
ああ生命万歳

「薔薇の図書館」
暖かな日差しを受け
薔薇の花が開いていく
1枚1枚の花びらの中に
生きた記憶が刻まれている
やがて天国から風が吹き
ひらりひらりと散りゆく
花びらの中に思い出を残しつつ

Rose library

過去も現在も未来も
花びらの中に包まれて
神様がくださった 時のからくり
開いて散って 又咲いて
人生はまるで薔薇の図書館のよう


Rose library Rose library
Rose library


そう・・・このCDの題名は
「魂への贈り物」

日時:2010年5月26日 00:02


 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270