玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20100606 「おもろい一家・まじっすか?」

最近急激に親密になった「KR一家」。

社長は思い立ったら吉日。

ピンときたらすぐ実行。

そこに何かの意味を見出す前に
動いている。

5月の連休には急に中国に
行ってきた。

家族で車に乗っていて、ピンときて
いきなり九州に行ってきたってこともあるらしい。

上のおねえちゃんは学校の
制服のまんまだった・・らしい。

しゃちょー婦人は「妖精ちゃん」。

今のこの世に適応難しく
はかなげにも見える。

我が家で玄米食べて
ご飯大好きになり
酵素玄米講習会にも出席。

釜もすぐ買って玄米炊いて食べている。

内省セミナーにも一緒に
参加して

次に日には涙が流れて流れて
殻が1枚剥がれたよう。

「料理できないんです~」って言っていたけど
先日社長宅でバーベキューしたとき

切干大根煮ていてくれた。
それが美味しかったこと。

その次の日・・・。

その日は携帯電話を持歩いていなかった私。

帰ってから電話をみると、しゃちょー婦人から5件も不在着信が
入っていた。

そうこうしているうちにまた婦人からの電話が鳴った。

出たら我が家の下の子だった。

「ど~したの?今どこ~?」

「いま、東京に向かっているところ~」

「え~まじ~?」

「社長さんとみんなでどこか
行こうって・・そんで走っていたら
どーぶつえん行こうってことになって
そんで上野の動物園に行くことになったの」

「そ、そ~」

しゃちょー婦人が電話に出た。

「ごめんなさいね~急にけいちゃん、拉致しちゃって~
 一泊して明日かえりますから~
 ごめんなさいね~急に・・おかしいでしょ~」

いえいえ~とんでもございませ~ん。
いっすね~そ~いう生活。
思いつきっていうんですか~?

宜しくお願いいたします~。

今度は私を「拉致」してくださ~い。
海外でもOKで~す。



2010年6月 9日 16:03

スタッフ雑記 20100606 「贈り物Ⅱ」

でこちゃんのCDを聴いて聴いて
毎日ずっ~と聴いて

苦しかった心が落ち着いた。

混乱した頭が今、空になったようだ。

「もう、大丈夫、私の生命(いのち)さん」

バックで今も音楽が流れている。

先日のセミナーで、でこちゃんは
「掃く・拭く・磨く」を
お話ししていた。

でこちゃんのセミナーは
各種にわたっていて、

女だけの勉強会「日女(ひめ)の会」が
あり、

そこでは「掃く・拭く・磨く」は
基本。

でこちゃんの家は鏡のように
床、壁、棚がピカピカしているそう。

セミナーをきいて
苦しかった私は、「この苦しみがなくなるなら、毎日
「掃く・拭く・磨く」を、実行しましょう」
と、決意していた。

黙々と身体を動かし続けたら
なにか、みえてくるかもしれないと
ワラをも掴む想いっていうんですか・・・?。

実際CDを聴いて心は楽になった。

でも「掃く・拭く・磨く」は
実行している。

いんや、「掃く・拭く」までいっても
どうしても「磨く」までたどりつけない。

やっていたら「掃く・拭く・磨く」は
心の現われのように感じる。

「掃く・拭く・磨く」の前に
整理整頓。

これがなされていないと
「掃く・拭く」がスムーズにいかない。

いらない物を捨て去り、最低限のいる物を
綺麗に並べる。

そうすると「掃く・拭く」のときに
よっこいしょ、と、どかしたり
また元に戻したりしなくてよいから
時間がかからない。

毎日拭き掃除をしていても
埃ってあるんだなぁ~。

そして、拭いていると
こんなところにも、こんなに埃が・・・。

綺麗になっていくほど、埃が、汚れが
目だっていく。

毎日の埃と、今までの積もった埃と
拭いていると・・・

「磨く」ことって、埃が
なくならないとできない・・・・。

私の場合は整理整頓から
やり直さなければなぁ~。

掃除が終わり音楽を聴きながら
軽く瞑想。

「輝かしいあなた、疲れた?
 ありがとう、すてきなあなた」

と、自分に話しかけていた。

すると体が熱くなり、じわ~って
涙が流れてきた。

この感じ、あえて思考化して
言葉で表現するとすれば

「神の愛、それは私」

ふっと、わいてきた。

真我なる自分と一体になれないという
もどかしさ、

神の愛をすぐ傍に感じられない
自分の愚かさ、

自分を責めていた。

でも、それを決めていたのは
他ならない自分。

ただ自分でその枠を外す
だけだったのかもしれない。

神はいつでも子どもの私達に
目を向けていてくれる。

目を、心を向けていなかったのは
こちらだった。

「ゆるやか」ではあるが、
ゆっくりと階段を昇っていこう。

「魂への贈り物」
次のメッセージを楽しみに
待ちながら・・・。



2010年6月 6日 11:16



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270