玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20100831 「稲穂」

先日まで緑の田んぼだったが今、黄金色に
輝いている。

稲穂がみんな頭を垂れている。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

千年以上前より稲は私達人間(日本人)を
生かし、守ってくれている。

収穫された作物を「たかつき」に盛り、
自然と自然の恵みに感謝し、手を合わせ
頭を下げていた古代の日本人。

その姿が今の「礼」という文字に
なったという。

日本の文化は「お辞儀の文化」とも
いわれています。

その日本の精神文化は自然に感謝することから
始まっているといわれています。

全てのものには「神が宿っている」とし、
全てのものに感謝できる崇高な精神を
持った(持っていた?)日本人。

今なお実れば淡々と頭を下げ続けてくださっている
稲穂の姿に、

「かたじけない」と、

まだまだ実り足りない私ではありますが
頭を下げている、
朝、あぜ道の散歩でありました。



2010年8月31日 20:49

スタッフ雑記 20100825 「登山」

上の子が北アルプス燕岳に今朝
向かった。

中学校1年、学校の行事、洗礼と
いうのか、

この辺の中学校ではまず北アルプスの
登山に行くらしい。

い~い~。

山登りが好きな友人みきりん曰く
「燕岳登れば、アルピニストの仲間入りですよ、
 子ども達の顔つきが、行く前といった後では
 きっとガラッと変わりますよ♪
 頼もしいですよ」

その言葉に今から私はうきうき。

でも、当の本人、準備段階から
遠足気分、

おやつを持っていくのが楽しみらしく、
籐のおやつ入れに飴をたくさんいれて
持っていこうとしている。

「ね~そんなガサバルもの、持って
 行くの~??」

懐中電灯を持っていこうとしている。

「キャンプじゃ~ないんだから、
 山荘に泊まるからいらないんじゃ~ない??」

先日プチ登山に光城山に行ってきた
私はその5倍の道のりの

燕岳登山のサバイバルを懸念している。

今日、昼間息子の学校から渡された
山登りの日程表と時計をみながら、

「そろそろ第一ベンチにつくころだわ」

長野は例年になくお盆すぎても猛暑である。
暑くないべかな~??

「もうすぐ、昼食。。」

「あ~もうすぐ山頂だ~~~」

郷にいながら一人で興奮している。

「無事に元気に楽しく登ってねん」

「なんまん、なんまん」

「あ~もう就寝の時間だ、
 ぐっすりだべなぁ。」

明日の朝は4時半起床で
ご来光を見にいくという。

最高の思い出にしてほしい。

明日帰ってきた息子の「顔つき」が
どんなんかなぁ~♪

息子の登山用品を見に、前から気になっていた
カフェにいってみた。

「カフェ穂高」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~cafe_hotaka/index.html

登山好きな二人のステキな女性が
安曇野に移住し、始めたカフェ。

登山用品、ステキな山の写真、
手作り酵母パン、ケーキがあり、
お食事もできる。

木の香りいっぱいの
ゆったりとした空間が嬉しいカフェ。

ステキなカフェだから
みんなに教えたいような、
でも混んでほしくない、
独り占めしたいような、

探すのに一苦労の
隠れ家的カフェだが、

そこも又いいんだ。

そんなカフェ。



2010年8月25日 21:51

スタッフ雑記 20100813 「戸隠」

いざ戸隠へ。

東京に住んでいる時から
「戸隠神社」は気になっていた。

住んでいた目黒洗足界隈の
スピリチャル仲間は、

戸隠に行ってきている人多し。

主人も北海道札幌でのサラリーマン時代
長野市に出張で来てたとき、

空き時間に、戸隠神社に行ってきたとか・・。

去年安曇野に越してきてからも、
今まで、いくぞ!という気にも駆り立てられず、

今日になった。

安曇野から高速道路にはのらず
途中、道草しながらお昼位についた。

お盆とあって人手が多かった。

もっと秋の閑散としている
平日にくれば良かったかなぁ、

と思いもしたが、
やっぱ、今この時期なんだよなぁ。

奥社は参道に入ってからが長い長い。

両脇の樹齢400年の杉並が、
なんとも荘厳だ。

上高地もそうだったが、
そこに辿り着くまで
約1時間弱歩く。

その行程が気持ちがいい。
木々に心休まる。

お参りして帰り道、
なだらかな下りの道が足にこたえる。

行きの登りのときに、帰ってくる若者が
勢い良く上から走って下りてきていて、

しかも何人も・・、

そんなに急いでど~したの?
って、不思議だったけど、

気持ちがわかった。

ゆっくり歩くと、
足がもどかしい感じなのだ。

そして戸隠は
忍者の土地でもあったのだ。

平安時代の忍者講習堂跡地があったり、
忍者からくり屋敷、忍者忍法資料館、

お土産やさんにも、
手裏剣、忍者の本があって、

私は、そちらのほうに
興味がそそられる。

Tさんを始めとする安曇野のお友達や
目黒のお友達も

なんとなく忍者っぽい。

前世そ~ゆう時代もあったんかなぁ。

今回は戸隠神社5社あるうち
奥社、九頭竜社(くずりゅうしゃ)、中社をまわった。

宝光社(ほこしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)
を回れなかったのは、(回らなかった?)

心残りだった。

一之鳥居跡から始まる戸隠神領は
一番上の奥社まで歩けば4時間。

登山を楽しみながら、
池の景色、花を楽しみながらの
色々なルートがあり、

ゆっくり滞在して心行くまで
霊場を感じたい所。

いつできることか、
楽しみにとっておこう。

長野市、19号線を通らず、
小川村経由の帰り道は
最初は心細く(ど山ん中)、

その後は、秘境の、桃源郷の
景色を楽しめた。



2010年8月15日 14:52

スタッフ雑記 20100814 「夢・せっちん」

まことに不思議な夢じゃった~。

あまり夢は覚えてないほうだけど、

今日の夢は強烈。

トイレ・・?

いや、「せっちん」の
表現のほうが合う。

夢は、
みんなで共同生活をしている場所で、

トイレに行くと、そこは昔ながらの木の床に
長方形の穴が空いてる昔のトイレ。

・・いわゆるウンチングスタイル?でする
トイレ。

(私が小学校のとき、
 ふる~い家に引越ししたとき
 ぼっとんトイレのそんなトイレだった。)

しようと思って下を覗くと
下は一つの広い部屋になっていて

真下は「モノ」を受ける、また長方形の
穴があいてて、そこに「モノ」が溜まってる。
(汚い話でごめんなさい)

そのまわりは板の間でぐぐっと見渡すと
ドアがあり、そのドアの前におっちゃんが
座っている。

ひえ~見てたの~?
どうしてそこにいるの~?と

私は上のせっちんの穴から顔を出し
下の間?にいるおっちゃんを追及する。

おっちゃんは
「寂しかったんだ~」と
涙ぐむ。

場面変わって今度は私が
その下のせっちんの間に
おっちゃんといる。

その私を私は第三者的に眺めている。
姿かたちは私ではないのだが、
でも私だった。

そこでわたしはおっちゃんに交渉している。

「ここ、私に譲って、
 私、私の部屋が欲しかったの」

・・・・って。

「え~せっちんの間だで~?
 こ、こまる~」

私を見ている私は
あせっている。

たしかに私は私だけの部屋、
家?が欲しかった。

静かな、ゆっくりと瞑想ができて
書き物ができて・・・

たしかにここなら、訪ねてくる人も
いないだろう(笑)

トイレの夢、ウンチの夢は
よくみる。

5年ほど前の夢、
やっぱり昔ながらのトイレに入った。

木の蓋をとると、(昔は蓋がついていた)

下はやはり部屋のように広くなっていて
そのときはそこ一面「赤飯」が
敷きつめられていた。

・・・・・。

その1年後、玄米の仕事に就き
そのときの赤飯は玄米だったんだなぁ
って、わかった。

今食べている玄米は小豆を入れて
ピースの圧力鍋で炊くから
赤くて柔らかく赤飯みたいな玄米だ。

今日の夢が何を意味しているのか・・・

意味もないのかもしれないし、
いつか、そうだったんだ~って
なるかもしれないし、

久しぶりに鮮明にみた夢はしばらく、
思い出し楽しめそうだ。



2010年8月14日 07:59

スタッフ雑記 20100810 「上高地・神降地」

この道、見覚えある~。

上高地に向かう道。

そ~この道は去年8月末にたまちゃん、
あきらさんに車に乗せてもらい
安曇野に家探しに来たとき、

松本インターでおり、Tさん宅を目指し
走っていたが、

走れど走れど、待ち合わせ場所の
三郷のジャスコが見えず。。。

今、走っている車から見ている風景は
その時のもの。。。

今考えると、松本インターから
10分たらずで着くはずのジャスコ。

その時何分走ったのだろう。

ダムありトンネルあり。。

間違いだから引き返そうって
誰も言わなかったのが、不思議。

そのとき走った道は
上高地へ続く道だったんだ。

今日一緒に来たKちゃん。

そのいきさつをきいて
「ふつ~途中で気が付くよね~
 こんなとこまで来ていたの~??」

そう、今日、気が付いた。
随分遠くまで来てたもんだ~。

そしてその時、やっとおかしいと気が付き
引き返した折り返し地点が

そこからは乗用車乗り入れ禁止で
そこから、バスに乗らなければ
上高地には入れない場所だった、

んだって、今、上高地へ行く
バスターミナルに着いて初めて気が付いた。

そうそう、ここで停車して
Tさんに電話してから引き返したんだ。

バスターミナルのちょっと手前の
橋のたもと。

その時は他に乗用車もいなく
閑散とした場所で

どこかの無名の田舎の
場所に来たと思っていた。

その時、安曇野へ行く前に
上高地(神降地)へ、

みんなで、かろうじて鼻先だけではあったが
ご挨拶に行かされてたんかなぁ~?

そういえば、あきらさんがこの後
「あの間違ってドライブしたことが、
 僕にとって大きな転換(心の)につながった」
と、言っとった。
 
たまちゃんも、「あれからあきらさん、
随分いいこちゃん(?)になったんだ」
って、言っとった。

その時は、ただ「ふ~ん???」(マカ、ふしぎ・・)
って、思っとった。

あきらさんたちはあの間違い?ドライブは
上高地への道だったって
知ったらびっくりするだろうなぁ。

あれから約1年、
今日、改めてご挨拶にこさせていただいた。

上高地・神降地。

穂高神社の奥宮にお参りし、
明神池へ。

明神池の神秘さ、その静かな水面からは
今にも神なる姿が現れそう。

いつまでもここにいたい。

この世のものではないような、
みていると心洗われる。

帰りバスターミナルの着く頃に
雨がざんざん降ってきた。

お疲れさん、もう帰っていいよ、
って、言われているみたい。

もうすぐ安曇野の地を初めて踏んだ日、
1周年記念日。

必要な土地の神様に
ご挨拶周りしている・・・。

そんな感じ。

ありがとうございます。



2010年8月12日 21:27

スタッフ雑記 20100809 「木崎湖」

「湖畔の原始感覚」「美術展」

パンフレットにはあえて
離れて 書かれてあった。

ほんと原始感覚・・かも。

安曇野から車で40分ほど離れた
大町。

そこに木崎湖がある。

私の「?回目」のお誕生日の今日、
ど~してもいきたかった。

美術展は8月一杯やっている。

美術展っていっても一つの
会場でやっているわけではないのでした。

そこは木崎湖の周りの
民家、蔵、料亭、畑などを
会場に展示物が飾られている。

おもろい。

この木崎湖の美術展を
教えてくれた松川村の
「昇窯」の平林さん、

春休み子ども達が平林さんの
ところで備前焼の製作をさせていただき
7月に窯に火入れをした。

薪を窯に12分おきに投げ入れるところも
見学させていただき

ステキな体験をさせていただいた。

そのできあがった備前焼、
上の子は香炉、
下の子はお茶器、
(お若いのになんて渋い子等。。)

それを取りにお伺いしたら
木崎湖のこの展示会に
平林さんの備前焼の花器が
展示されているって、
教えていただいた。

展示会場は平林さんの
友人の古民家だそう。

楽しみに行ってみる。

その古民家「Y邸」は
300年くらい経ってる、ほんとに
すご~い建物だった。

Yさんブログ
http://akayaney.blog100.fc2.com/

そこの土間?というより
もう床の板が抜けて家の下の
砂利が出ている、

うすぐら~い場所で
平林さんの作品があった。
(そこは普段、生活には使われていないらしい)

壁にかけられたほそなが~い花器。

そこにはおおきな蓮の花が
一輪飾られていた。

平林さんの作品は、そこはそれだけ。

案内してくださったこの展示会の
実行委員長杉原さん、

「二階にもありますよ~」

え~、ど、どこ~?
にかい・・?。

そこには梯子があった。

「手が汚れるから軍手はいてください、
 それから暗いから、はい、懐中電灯」

ちょっと怯むが、
げんしかんかく、げんしかんかく・・。

梯子をのぼると
二階はまっくら。
と~ぜん、そこも普段使われていない。

懐中電灯で照らしながら
おそるおそる歩き

やっとこ、ぽつんと、平林さんの備前焼を
発見。

どんなのだったか、よく覚えていない。

家のすごさに圧倒された?

あの古民家自体が
アートだった。

平林さんの友人Yさんが何年か前から
住んでいて 子どもさんが

「こんにちわ~」って
しきりにしているカーテンから顔を
出してくれた。

Y邸のYさん
合鴨農法で米作りを
しているそうな。

来たからにゃ~展示会場
全部見て回りたい。

「墓家 竪穴式縄文遺溝」(杉原さん作)
 -縄文土器が見つかった場所らしい

「海口庵(かいくあん)」
ーここも安曇族と関係があるという庵だそうだ。
 さっき寄った、西丸震哉記念館の館長さんが、教えてくれた。

 へぇ~そうだったん?
 そ~いえば、近くにも海ノ口駅とか、
 山の中なのに、海とつく場所がある。

「虹の家」
ここは外の畑の真ん中に
でかい屏風のような絵がかざられてあったり、

古い蔵の中に写真が飾られていた。
やっぱり作品より蔵の中の

ふる~い脱穀機のようなものや、
テーブルに目がいってしまった。

「虹の家」の看板がかけられた家の前で
農作業をしていたご夫婦に話しかけた。

ご夫婦は横山さん。

去年春、東京から来て
自給自足の生活を始められたとのこと。

やはり日本の農業を危惧し、

これからの生活、農業だけでは
やっていけない、

農業以外での現金収入は
考えていかなくてはならないって
わかっっていて、

でもとりあえず頭で考えているより
農業やってみなければって、貯金崩し生活覚悟で
始めたって。

すばらし~。

農業体験したい方、募集中。

「虹のファミリ-」
http://24fami.org/index.html

一緒になにかできたらいいですね。

きれいな湖に山々。

木崎湖周辺もステキなところでした。

この「原始感覚美術展」
お盆中、
「縄文夜話」
「土中絵画開き」
「発掘縄文体験」
・・・・

などなど、怪しげイベント多し。

イベントのあとは必ず
みんなで飲み会?あり。

たのしそ~。

竪穴式縄文遺溝では
寝袋持って行けば
1000円で泊まりOK。

もう終わったが
近くの「信濃木崎夏期大学」では
各界の講師を招き

講座が行われていたとな。(一週間)

受講料はなんと、一日中受けて500円、
大町在住者は「ただ」。

戦前から始められ戦中も
休まずやっていたとのこと、

来年は受けたいなぁ。

帰りの車中、ピンときた。
明日は上高地に行って来よう。



2010年8月11日 19:13

スタッフ雑記 20100804 「キャンプだ~」

長いと思っていた三泊四日の
キャンプがあっと言う間に終わった。

グリーンハウスの羽生先生の企画の
キャンプ。

グリーンハウスのサマー(強化?)キャンプは
10年続けてきたとのこと。
いつもは五泊六日だ。

先生最近、長年の苦労が身体に出てきて、
胃潰瘍、椎間板ヘルニヤなどで体がぼろぼろ。

今年からキャンプはやらないと決めていたらしい。

が~、しかし、わちらの出現で
身体に鞭打ってくれた。

上の子の東京の友達も4人来てくれた。

安曇野公園散策、山登り、滝遊び、川遊び、
野菜の収穫体験・・・。

自分達で野菜を切り、薪をわり、火をおこして
ご飯を作る。

い~い~♪

上の子は東京の友達に久しぶりに会ったので
気分がハイになっている。

焚き火では火を燃やすことに目の色が変わり
薪を拾ってきてボンボン燃やし続け、

先生に怒鳴られ、やっと止めた。

ストレス溜まっていたん?

上の子と東京の同級生は結びつきが
とっても強い。

安曇野にきてから東京の友人が
入れ替わり立ち代り、遊びに来てくれている。

上の子は安曇野と東京の子の
パイプ役になっているのだろう。

途中色々ハプニングもあったが、
無事キャンプ終了。

最後の反省会で
わち
「羽生先生が死ぬ前に(笑)、誰かこのキャンプを習得?
 して、跡継ぎしてくださ~い」

先生
「オレが生きている間は、君たちが一人前に
 なるのは、と~てい無理だ!」

熱血羽生先生は吠える・・。

子等の落ち着きのなさ、働きの悪さ、言う事
聞かなすぎに
先生、これからの日本の危うさをはかなんでいる・・。
 
キャンプ場からグリーンハウスに
帰る道すがら、

捕まえた!と
喜んでへびを掴んできた東京の子等。

たくまし~。

この自然、
「いかったな~」

と、思い出の残り

大きくなった時
これからの子ども達にも見せてあげたい、
体験してほしい、って、

引き継いでいってくれたらなぁ。

せんせ~、今度は秋
「稲刈り体験」を企画お願いしま~す。

とりあえず、
上の子達の代が育つまで
屈強な?頑強な先生の跡継ぎ、

募集中で~す。



2010年8月 5日 10:01



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270