玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20101226 「ととのいました~」

バタバタとクリスマスも過ぎ、
今年もあとわずか。

最近、我が家の食卓では、
ご飯を食べながら、

「~とかけて、~とく」
が、流行っている。

「ととのいました~」

上の子
「ブランド店と、かけまして、
 車の走行、ととく、
 その心は~~
 どちらも、「バック」がある」

へ~よく出てくるね~。

下の子
「クリスマスとかけて、
 サラリーマン、と、とく。
 その心は~~
 どちらも「けいき(ケーキ・景気)」
 がある。」

へっ!へ~~。
 やるじゃん!

さっきから考えているが、私・・
頭が固く(悪く)なにも出てこない。

今年1年も色々あった。
・・・ありすぎ。

世の為になにかしたい。
人が喜ぶことをしたい。

そのこと以前に

「自分が喜ぶこと・楽しむこと」

が、何より大切なことを知った。

そして家族。

それは家族の幸せに繋がる。

家族の幸せは地域の
幸せ。

それは自然にこの世の
幸せになるんだなぁ。

我が家はやっと
このスタート地点に立てた今日
この頃でありんす。

「ととのいました~」

そんな感じでありんす。


下の子

「ところで、「景気」って
 なぁ~に?」

はぁ~~??

爆・爆!!



2010年12月26日 09:01

スタッフ雑記 20101221 「にしん漬けⅡ」

にしんが届き、にしん漬けを漬けた。

前の日からにしんを米のとぎ汁につけ、
麹をひたひたぬるま湯に浸けておく。

大根乱切り、キャベツざくざく切り、
人参イチョウきり、昆布細切り、
友人が作った赤唐辛子をミジン切り。
肝心にしんを一口大に切り、

樽に塩をひき材料をばらばらと
重ねていく。

麹を樽の中にまくとき
なにか
「かいか~ん」

この気持ち麹のなかの
「菌」の通じて
きっと、美味しくできる!

この世は、この世の生命は
「菌」が支配していると
いっていいって。

菌が喜ぶか喜ばないか・・。

それによって病気になったり
元気でいられるのだなぁ。

食べもので言えば日本の代表
納豆、味噌、醤油、そして
漬け物、

昔ながらの醗酵食品が
身体を守ってくれる。

まぁ、お酒なんかも
いいんだね。

漬け込んでから
「よし!」って、思った途端、
肝心な塩を漬け込むのを
忘れていたのに気づく。。。

ひっくりかえしながら
塩を入れて・・・、

本当はちゃんと量って入れなきゃ
ならないのに、

樽に相談?しながら
感覚で入れてしまった。

どうなることか・・。

1週間くらいで食べれるとか・・・、

漬かるころに
玄米と一緒に実家に送ろう。

にしん漬けに入っている
「元気菌」と、
ベランダの竿に吊られた
ジジの大好きな干し柿
と共に・・。



2010年12月21日 07:58

スタッフ雑記 20101219 「朝焼け」

朝、シラジラとなってきた外を
覗くと、

真っ青な空、
東の遠い山の向こうがピンク色に
染まっていた。

今日は絶好の
「朝焼け日和だ!!」

外へ飛び出し、東西南北の山々が
見渡せる田んぼ道まで
走った。

この時期綺麗な朝焼けが
見れる。

東の空にはまだ太陽さんは
山のかげ。

でも山の向こうが赤くなっている。

そして反対側の北アルプスの
常念岳、燕岳、有明山の
雪を冠っているところが
反射して赤く染まっている。

その美しさ。

「たまや~」
ならず、

「やまや~」

思わず、がっしょ~。

「楽しく、楽しい方向に
 向かっていきる」

今ほんとうにそうする?

って、お試しがきている。

そうする、そうする~。

それが「楽(らく)」=「楽しい」

いつも静かに笑っているー宮沢賢治

ならず

「いつも大口開けて笑っている」

そうゆう人に私はなりたい。

安曇野にきて2度目の
冬を迎えようとしている。



2010年12月19日 09:13

スタッフ雑記 20101216 「楽しく」

ー「正しいか、正しくないか」
 より、
 「楽しいか、楽しくないか」
 で、判断するようになってから
          楽になったー


上の子の、友達ママさんが亡くなった。

東京へお葬式に上の子と一緒に
行きました。

うちらの目黒の前の我が家に住んでる
八百屋のJちゃん夫婦、そしてJちゃんの
姉夫婦も懇意にしていた方だったから、
みんなで参列した。

みんなで悲しんだ。

Jちゃん、
「ろこちゃん、これから前から予約していた
 「強運セミナー」があるから一緒にいかない?」

えっ、え~?

悲しいけど、それとこれとは別!?

お葬式終わってJちゃん一族&若干2名、
黒服のまま会場に直行。

セミナーは30分経過していた。

席は満席。
通路に椅子を並べてくれて
座った途端、

講和者が言った言葉

ー「正しいか、正しくないか」
 より、
 「楽しいか、楽しくないか」
 で、判断するようになってから
        僕は人生、楽になった。ー

びっくりした。

私が最近そういう生き方を
しようと思っていたからだ。

と、いうより
「自分が楽しく生き生きしていることが、
 自然に、周りが幸せになる」

ということを実感できる出来事が
あったからだ。

人より自分。

わがまま、勝手人間のような
この、言い回し・・。

でも、これでいいんだ。

亡くなったママさんとは
夏に電話で話したのが最後だった。

とっても穏やかな
暖かな人だった。

みんなこれから
楽しく生きてね。

祭壇の笑った顔が
そう言っているように
思い出された。

楽しく生きる。

最近富みに降りてくる
メッセージだ。



2010年12月16日 22:08

スタッフ雑記 20101209 「にしん漬け」

今、しんしんと雪が降っています。

スタットレスタイヤに
まだ、変えていなかったです。

今年は、たくわん漬け、まだです。
干してシナシナしてます。

いつもはこの時期キムチも漬けていましたが、
それもまだです。

北海道のババがいつも
北海道の代表漬け物
「にしん漬け」を漬けるのですが、

年末送ってきてくれるのですが、

今年は「むり・・」
って、漬けるの・・・。

では、では今年は私がお漬けいたしましょう、
って、

つい言ったら、
今度、「にしん」送ってくる。

初めてのにしん漬け。

長野には「にしん」売ってないよね?

「にしん」って言っても、
かんからかんに干したやつ。

それを米のとぎ汁に漬けて
柔らかくしてから、

大根、キャベツ、人参、昆布、
麹と一緒に漬け込む。

旨いんだよな~。
これがまた・・。

北海道の漬け物。

ババの・・母の味には
追いつかないかもしれないけど、

いつも年末送ってきてくれる、
母のにしん漬けを、

心待ちにしていた私の心のように

ババが楽しみに心待ちしてくれる、

そのことを楽しみに、
にしん漬け込み、

美味しさ「伝」えていただき
  秘伝「授」ります。



2010年12月 9日 21:51



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270