玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20110426 「当選!」

「ゆうやく道筋がみえてきました。
 今度は形にしてまいります。!!」

「宜しくお願いいたします!!」

知人の選挙戦が終わった。

私も、とちりながら、
なんとか参戦させていただいた。

お陰様で当選!

よかよか~。

池田町の活性化、若者の戻ってこられる
町づくりに取り組んでいく。

知人のお約束。

高齢化、少子化・・・
地方ではみんなこの問題を抱えているんだろう。

安曇野は今桜が
綺麗に咲いている。

田んぼでは田を耕し、
水が張られ始め、
そこへ周りの山々が
鏡のように映し出されている。

苗を植えるまでの、
今だけ見ることのできる
美しい風景。

「ろこちゃんになにとぞ、
 1票を!!」

「道筋が見えてまいりました!
  形にして参ります!」

「どうぞ、お力をお貸し下さい!」

田んぼのあぜ道、
散歩道、

天にむかって、
山にむかって・・・。



2011年4月26日 08:16

スタッフ雑記 20110420 「うぐいす嬢」

昨日からうぐいす嬢をしています。

住みたいなぁって思っている池田町、
そこで町議会議員をしている知人が
3期目に向かい出馬する。

選挙カーに乗るのは、はじめてじゃ。

もち、うぐいす嬢も・・。
(嬢・・・っていうより、うぐいすおばさん・・)

他の手伝いのうぐいす嬢、
インドから帰ったばかりの
たみちゃんがいた。

たみちゃんのインド料理は
とっても美味しい。

たみちゃんは知人の1期目から
手伝っているって。

「名前がわかるように、はっきり
 言うのがこつよ」

たみちゃんに教えられ
緊張しながら、初発声。

「宜しく申し上げます」

緊張して変な日本語になってしまった・・!

「宜しくお願いしま~す!!」
白い手袋はいて、手を振る。

すれ違う車のドライバー
手を振ってくれた!

歩いている人、手を振ってくれた。

な~んて、うれしいっ!

今まで選挙カーが通りかかっても
無視に近かった私。

はんせ~。
今度から誰にでも手を振ろう。

なんせ、初日雨の為、道を歩いている人
少なし・・。

歩いている人みっけたら、
嬉しくて、嬉しくて。

以前Tさんに連れて行ってもらった
芸術家のUさん宅の庭先でUターン。

「庭先をお借りいたします。
 失礼しまーす。」

知人とUさんも知り合いだから
Uさんも手を振って出てきてくれた。

覚えていてくれているかな?
「こんにちわ~」

奥さん「あれ~??」って
顔してる。

そこへヨガのアミちゃんがUさん宅に
用事があったのか、車で到着!

「あみちゃ~ん!!」

あみちゃん、車の窓をあけ
サングラスとって、
こっちをみて
「な、何やってんの~~??」

そ~私が選挙カーに乗ってるなんて
びっくりよね。

私も、昨晩頼まれて急遽でした。

なんとか、かんとか
慣れだした頃

本日の部、終了。

池田町から安曇野へ帰る道すがら、
歩いている人を発見したら

思わず手を振りそうな
私がおりました~。



2011年4月20日 21:54

スタッフ雑記 20110420 「うぐいす嬢」

昨日からうぐいす嬢をしています。

住みたいなぁって思っている池田町、
そこで町議会議員をしている知人が
3期目に向かい出馬する。

選挙カーに乗るのは、はじめてじゃ。

もち、うぐいす嬢も・・。
(嬢・・・っていうより、うぐいすおばさん・・)

他の手伝いのうぐいす嬢、
インドから帰ったばかりの
たみちゃんがいた。

たみちゃんのインド料理は
とっても美味しい。

たみちゃんは知人の1期目から
手伝っているって。

「名前がわかるように、はっきり
 言うのがこつよ」

たみちゃんに教えられ
緊張しながら、初発声。

「宜しく申し上げます」

緊張して変な日本語になってしまった・・!

「宜しくお願いしま~す!!」
白い手袋はいて、手を振る。

すれ違う車のドライバー
手を振ってくれた!

歩いている人、手を振ってくれた。

な~んて、うれしいっ!

今まで選挙カーが通りかかっても
無視に近かった私。

はんせ~。
今度から誰にでも手を振ろう。

なんせ、初日雨の為、道を歩いている人
少なし・・。

歩いている人みっけたら、
嬉しくて、嬉しくて。

以前Tさんに連れて行ってもらった
芸術家のUさん宅の庭先でUターン。

「庭先をお借りいたします。
 失礼しまーす。」

知人とUさんも知り合いだから
Uさんも手を振って出てきてくれた。

覚えていてくれているかな?
「こんにちわ~」

奥さん「あれ~??」って
顔してる。

そこへヨガのアミちゃんがUさん宅に
用事があったのか、車で到着!

「あみちゃ~ん!!」

あみちゃん、車の窓をあけ
サングラスとって、
こっちをみて
「な、何やってんの~~??」

そ~私が選挙カーに乗ってるなんて
びっくりよね。

私も、昨晩頼まれて急遽でした。

なんとか、かんとか
慣れだした頃

本日の部、終了。

池田町から安曇野へ帰る道すがら、
歩いている人を発見したら

思わず手を振りそうな
私がおりました~。



2011年4月20日 21:54

スタッフ雑記 20110420 「うぐいす嬢」

昨日からうぐいす嬢をしています。

住みたいなぁって思っている池田町、
そこで町議会議員をしている知人が
3期目に向かい出馬する。

選挙カーに乗るのは、はじめてじゃ。

もち、うぐいす嬢も・・。
(嬢・・・っていうより、うぐいすおばさん・・)

他の手伝いのうぐいす嬢、
インドから帰ったばかりの
たみちゃんがいた。

たみちゃんのインド料理は
とっても美味しい。

たみちゃんは知人の1期目から
手伝っているって。

「名前がわかるように、はっきり
 言うのがこつよ」

たみちゃんに教えられ
緊張しながら、初発声。

「宜しく申し上げます」

緊張して変な日本語になってしまった・・!

「宜しくお願いしま~す!!」
白い手袋はいて、手を振る。

すれ違う車のドライバー
手を振ってくれた!

歩いている人、手を振ってくれた。

な~んて、うれしいっ!

今まで選挙カーが通りかかっても
無視に近かった私。

はんせ~。
今度から誰にでも手を振ろう。

なんせ、初日雨の為、道を歩いている人
少なし・・。

歩いている人みっけたら、
嬉しくて、嬉しくて。

以前Tさんに連れて行ってもらった
芸術家のUさん宅の庭先でUターン。

「庭先をお借りいたします。
 失礼しまーす。」

知人とUさんも知り合いだから
Uさんも手を振って出てきてくれた。

覚えていてくれているかな?
「こんにちわ~」

奥さん「あれ~??」って
顔してる。

そこへヨガのアミちゃんがUさん宅に
用事があったのか、車で到着!

「あみちゃ~ん!!」

あみちゃん、車の窓をあけ
サングラスとって、
こっちをみて
「な、何やってんの~~??」

そ~私が選挙カーに乗ってるなんて
びっくりよね。

私も、昨晩頼まれて急遽でした。

なんとか、かんとか
慣れだした頃

本日の部、終了。

池田町から安曇野へ帰る道すがら、
歩いている人を発見したら

思わず手を振りそうな
私がおりました~。



2011年4月20日 21:54

スタッフ雑記 20110420 「うぐいす嬢」

昨日からうぐいす嬢をしています。

住みたいなぁって思っている池田町、
そこで町議会議員をしている知人が
3期目に向かい出馬する。

選挙カーに乗るのは、はじめてじゃ。

もち、うぐいす嬢も・・。
(嬢・・・っていうより、うぐいすおばさん・・)

他の手伝いのうぐいす嬢、
インドから帰ったばかりの
たみちゃんがいた。

たみちゃんのインド料理は
とっても美味しい。

たみちゃんは知人の1期目から
手伝っているって。

「名前がわかるように、はっきり
 言うのがこつよ」

たみちゃんに教えられ
緊張しながら、初発声。

「宜しく申し上げます」

緊張して変な日本語になってしまった・・!

「宜しくお願いしま~す!!」
白い手袋はいて、手を振る。

すれ違う車のドライバー
手を振ってくれた!

歩いている人、手を振ってくれた。

な~んて、うれしいっ!

今まで選挙カーが通りかかっても
無視に近かった私。

はんせ~。
今度から誰にでも手を振ろう。

なんせ、初日雨の為、道を歩いている人
少なし・・。

歩いている人みっけたら、
嬉しくて、嬉しくて。

以前Tさんに連れて行ってもらった
芸術家のUさん宅の庭先でUターン。

「庭先をお借りいたします。
 失礼しまーす。」

知人とUさんも知り合いだから
Uさんも手を振って出てきてくれた。

覚えていてくれているかな?
「こんにちわ~」

奥さん「あれ~??」って
顔してる。

そこへヨガのアミちゃんがUさん宅に
用事があったのか、車で到着!

「あみちゃ~ん!!」

あみちゃん、車の窓をあけ
サングラスとって、
こっちをみて
「な、何やってんの~~??」

そ~私が選挙カーに乗ってるなんて
びっくりよね。

私も、昨晩頼まれて急遽でした。

なんとか、かんとか
慣れだした頃

本日の部、終了。

池田町から安曇野へ帰る道すがら、
歩いている人を発見したら

思わず手を振りそうな
私がおりました~。



2011年4月20日 21:54

スタッフ雑記 20110407 「いいんだよ」

宮城県に知人がいた。

1組はお仲人さんご夫婦。

もう1組は、東京に住んでいた時、
宮城県角田市からホームスティに
来てからお付合いのあるY君一家。

やっと連絡がついて
ご両家の皆様が無事ということを
確認できました。

Y家M母さん。
地震後10日間は水も電気もなく
ろうそくの暮らしだった。

今も食べものがなく、
2時間ならんで少しの買い物を
する毎日。

食パン1個を町を1時間
廻って探す。

でもみんな命あって元気で自宅で
ふとんに寝れる生活。

不便な生活をしてみて
今までどんなにガス、水道、電気に
頼っていた生活だったか、
生活のムダにも気づかされた。

今私たちはこんなぜいたくな暮らしを
していていいのかなかって、
気持ちになる。

って、彼女はもっと物のない地域への
物資の区分けのボランテェアへ
行っているとのこと。

それをいうと長野に住んで
なにも地震の揺れもなく、不便なく
暮らしている私は、

ほんとに罰当たりです。

安曇野からも友人が仲間と
被災地に物資をもってボランティアに
行っています。

ありがとう。

わちきは現地には
いけないですが、できることから
したいです。

被災地の代表でY君一家さん、
安曇野のお野菜受け取ってね。

以下、最近知り合った斉藤一人さんの
お弟子さんの荒井さんのメルマガです。
ちょっとほっとします。

おはようございます。栗が丘クリニック事務長の荒井です。
 今週は、「こころの立て直し方」と題してお話をさせていただきます。

 東日本大震災と福島原発の事故により、直接被災された方はもちろんのこと、
 テレビから繰り返し流され続けている映像により心を痛めている方が
 たくさんいらっしゃることでしょう
 表面上は平静を装っていても、実際にはこころの傷は計り知れないものがあります。
 また、繰り返す余震によっても体調を崩す方も多いことと思います。

 意識的、無意識的にかかわらず、こころの状態は、からだに確実に反映されます。
 もうお分かりだと思いますが、厄介なのが「無意識的な、こころとからだの反応」です。

 昨日は、「リラックスが大切です」ということをお話させていただきました。
 今日は、二番に大切なこととして「自分自身を許すこと」を取り上げたいと思います。

 確かに、震災や原発の影響により、命をなくされた方や避難を余儀なくされている方も多いです。
 そんな中、「災害に見舞われた方々の思いを感じれば、お祭り騒ぎなんてしていられない」と、
 様々な行事が中止されています。自粛、自粛の嵐が吹き荒れています。

 しかし、それで本当に良いのでしょうか?

 このままでは、日本全体が震災をきっかけに沈んでしまいかねません。
 なぜなら、「お金」という経済の血液が回らなくなるからです。

 最近のメルマガでも書かせていただきましたが、あなたが幸せになる秘訣は、
 「まず、あなたが自分自身を許すこと」にあるのです。
 ですから、あなたが二番にしなければならないことは、
 「自分が幸せになっていいんだ!」という「許し」を自分自身に宣言してあげることなのです。

 あなたの本当の想いを感じてみてください。
 今、あなたが感じているその想いは、本当の想いなのでしょうか?

 たとえば、「本当は、花見でドンチャン賑やかに飲みたい!」という欲求を、 
 こころの奥底に隠してはいませんか?
 責めるという意味で指摘しているのではありません。
 でも、あなたのこころの どこかに「そんな気分じゃない」という想いがどこかにあったのならば、
 それは確実に「花見をしたい!」という欲求の現れなのです。
 本当の想いを隠しているということなのです。

 私はなにも、あなたを責めたり、震災に見舞われた方々の気持ちを無視したり、
「何も支援をしなくて良い」と言っているのではありません。
 震災に見舞われた方々のことを思えばこそ、本気で酒を飲み、あらゆることに本気で感謝をし、
 そして、本気で「どういう社会をこれから作り上げて行くのかを考えよう!」と言っているのです。

 もちろん、気晴らしや楽しみで飲んでいいのです。ですが、出来ることならば、
 本気でこれからの日本の本当の在り方を討議することが、
 そして実行に移すことこそが「本気の花見」であり、復興のための花見になると思うのです。

 キチンと目的を持って花見をする。
 たとえば、その10%なりを日本の復興のために寄付をする。
 たとえば、お店やイベントで10%の寄付を宣言する。
 そんなことをしたらいいのです。
 そうしたら、楽しむことが復興につながります。

 だらだらと、自分のエゴのために飲むのでなければ、それは復興のための集いになると思うのです。
 逆にこれからは、「私たちのためを思うのなら、自粛なんてやめてくれ!」という怒りが
 被災者の方々から湧き上がってくるかもしれません。
 先の見えない苦しさの上に、「震災被害者のことを思えば・・・」などと言って自粛、
 自粛をくり返すことで、結果、私たちは被災された方々に二重の十字架を
 背負わせてしまうことにもなりかねない、と私は思うのです。

 ところで、あなたが持っている「しあわせのコップ」は、どれくらいの厚さの、
 どれくらいの大きさのものでしょうか?
 あなたのそのコップが幸せで満たされない限り、
 あなたは他人にしあわせを決して分け与えることができないということを覚えておいてください。
 
 だからこそ、あなたはまず、自分自身を許し、今ある幸せを、感謝を思い切り感じていただきたいのです。

クリニック携帯サイトhttp://katy.jp/kurigaoka-clinic/(PCからもご覧いただけますし、
PCからメルマガ登録もできます!)
配信停止ご希望の方は、次のアドレスまで空メールをお送りください→stop_kurigaoka-clinic@katy.jp



2011年4月 7日 09:16



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270