玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20110918 「成長!?」


いつも徒競争は1等賞だったが・・。

今年は4等。

紅白リレーの選手も
今年は出番なし。

昨日下の子の運動会だった。
小学校最後の運動会。

が~しかし、感動があった。
(親ナリに)

組体操。

6年生は組体操がある。

3段ピラミッド、ウエーブ、大型ピラミッド
ペアの倒立、等々・・。

みんなの心ひとつにならないと
完成しない。

下の子はいつもマイペースだった。

幼稚園のときから
みんながお遊戯やっていても
マイペース。

一応動いてはいても、みんなと
合っていない・・。

人のをみて遅れている・・。
あせってもいない。

大きくなっても
なかなか集団生活に
付いていっていないようだった。

赤ちゃんのころから
周りに興味津々の下の子。

じ-っとみつめて
観察している。

そのうち気を失うように
膝の上で寝ていることも
あった。

おっぱいを飲んでいるときも
周りで「コトリ」と音がしようもんなら
おっぱいから口をピッて離し、
そちらをすぐさまみていた。

顔にお乳がかかっていても・・。

お外で遊んでいても
蟻をみつけて、じーっとみつめつづける。

授業が始まっていてもだ。

個性。
才能。

あなたの限りない宇宙のような
心の世界が拡がっている。

吸収している。

そう感じていたから、
どうしてもだめなときは叱っていたけど、

こころでは
「どうぞ、あなたのすてきな個性は
 生かされてください」
祈っていた。

大人になるとどうしても
「本音と建前」が出てくる。

複雑だ。

個性も大切。
集団生活、規則も大切。

でも、でも、今回。。

彼は一生懸命やっていた。

ピラミッドでは1番下の
1番重たい場所で頑張っていた。

そういえば家で最近イライラしていた
時があった。

一生懸命練習していて、
疲れていたんだろう。

みんなとの合作を意識して、
仲間との絆を感じ・・。

組体操が終わった。

帰ってきた彼の顔は
すがすがしかった。
「やったぞ」って~顔。

ひと回り大人になったように感じた。

じ~んってきた。
(なんて親ばか)

その日の夜、彼に聞いた。

「終わってほっとした?」

「うん」
小さくうなずいた。

彼なりに責任を感じてやってきたんだ。
(初めてでなかろうかっ!)

親ばかのわちきは
その夜、特製パフェを作り
彼に功労賞を授けたのだった~。

彼は食べながら、一言
「僕は頑張ったのだ」
 (おちょーしもん!)
 

日時:2011年9月18日 11:02


 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270