玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20120529 「初・田植え」

念願の田植えをしたのだ。

東京に住んでいたときから
田植えをしたかったのだ。

よく田植えツアーなどの
パンフをみていたのだ。

安曇野では田植えのチャンスが
たくさんあったろうに、

今までできなかった。

昨年春まで1年間お食事作りを
させていただいていた「有明の家」。

今は波場先生の内観所になっている。

それまでそこは青少年の
宿泊施設を娘のナギラさんが
運営していた。

今は別の場所に、青少年の自立を援助する
就労施設「はた楽工房」を
立ち上げた。
http://yaplog.jp/hatarakukoubou/profile/

ナギラさん達と一旦
離れたわちきは、

昨年6月あるときばったり会って、
週に1度「はた楽工房」の
食事作りに行くことになり
行っていました。
(ご報告ほんに遅れました)

週に1度でお役にたてているのかしらん?
って思いながら、

きっと、つながっていることに
意味があるんだねっ。

ひょんなことで
「はた楽工房」で田んぼを任され
急に一反ほどの田植えをみなですることに
なった。

下の子とその友人を引き連れ
穂高の田んぼへ。

晴天。

水を張った田んぼに
素足で入る。

にゅるにゅるして、
最初は変な気分。

稲の苗を持ち2、3本ずつ
植えていく。

ミズスマシが水面を
滑っている。

ナギラさんのおこさまの
はーちゃんは人間田植え機。

物凄い速さでスポスポ植えて、
しかも間隔正しく、植えた苗が
倒れず、

真っ直ぐ上を向いて立っている。

す、すばらしい・・。

私の植えた苗は倒れるから、
植えたあと周りに土を寄せていた。

・・・!

わかった!

可愛いお手々だ。

私は苗を5本の指で
植えていた。

なるほど、穴があくのだ。

はーちゃんはお手々ちっちゃいから
大丈夫なんだ。

二本の指で植えてみた。

なるほど、苗は真っ直ぐたった。
・・・なのだ。

じっさい植えてみて
ほんに勉強になった。

途中で苗が無くなったら、
ぬかる田んぼを歩いてあぜ道においてある
苗を取りにいくのは大変。

腰にざるをぶら下げて、
田植えをしている画像を
見たことがある。

あれだ。

あとはたんぼのあちこちに置いておく。

田植えは前に進むか、
後ろに下がりながら植えるか・・?

下がりながらのイメージだったが・・?

下がりながらだとあんよの
穴があく。

あと、真っ直ぐ植えていくのに、
紐をはっていく。

この作業もあらかじめ
考え、準備して要領よく
やっていかないと時間がかかる。

苗をにゅるっと
植えていくことに、
だんだんかいか~ん。

試行錯誤しながら
無事夕方にはしゅうりょ~。

たのしかった~~。

今週末から知り合いのこでちゃんの
田んぼでの田植えが始まり、

再来週からはIさんの田んぼ、グリーンハウスの田んぼの
田植えが始まる・・・。

行きたいが・・・、

筋肉痛と
日焼けが痛い!

泥がかかったところだけ、
肌が焼けていなく、真っ白。

今度するときは、
泥パックして田植えだ!



2012年5月29日 17:07

スタッフ雑記 20120524 「天才バカボン」

弁当もって花見にいく!

って~、

行ってきました~。

あれからも~一ヶ月!

周りの田んぼは、もー稲の苗が
ほとんど植えられています。

梅と桜が同時に咲き、
木蓮、ハナミズキの花が
町のあちこちで見られました。

今まで春にこの街に
ハナミズキの花が春、さいていることに
私は気づきませんでした。

昨年12月にジジババがきて
激動の日々でした。

病気のジジ、プチ認知症のババ。

二人ともウツも
入っていました。

私は自由の時間もなく、
出歩くこともなくなりました。

でも家にいることを
強いられていることが、
今の私にとって悪いことではなく、

必要な時間だったことに
気がつきました。

却って観念したところで、
心が落ち着いてきました。

春にこんな花が咲いていた・・・。

「これでいいのだ」

天才バカボンのパパが
よくいっている言葉・・なのだ。

最近ある講演会できいたこと。

インドの言葉で
「バッキャボン」という
言葉がある。

その意味は
「これでいいのだ」
・・・・なのだ。

赤塚不二雄さんはなんと
偉大な方だったんだ・・なのだ。

今意識をこの域に達すること。

「これでいいのだ~~」

ジジババとの生活で
教えられたこと。

何も考えず、目の前の現象をただただ
受け入れ、笑って
「これでいいのだ~~」

なのだ・・。

もうひとつ。

お掃除・・なのだ。

整理整頓、お掃除をしている。

体が動かされる。

天才バカボンに出てくる
「レレレのおじさん」

ほうきをもって
「お出かけですか?レレレのレ~~」

あほになって
「レレレのレ~~~」
お掃除する。

もう、笑うしかない。

自分の心の奥に潜む
くもりを取り去る。

目の前に映し出される
画像は自分のこころ。

東京の大切な友人
たまちゃんからの伝言・・・。

だから笑って
心から花畑をつくっていく。

「これでいいのだ」

「レレレのレ~~~~」

ばかだ大学設立だ。

私は以前より
今・・笑顔が多くなった。

なのだ・・。



2012年5月25日 09:06



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270