玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20121024 「父Ⅱ」

父の
看病の疲れを癒す間もなく。。
父の
思い出に浸る間もなく。。

なにかと多忙な毎日・・。

父が緊急入院したときの
救急車に初めて乗った時のこと・・、

病院の今の看護体制・・

緩和ケアについて。。

ホスピスについて。。。

何度か危篤に・・
でも笑える父の復活編。

安らかにあの世に逝くため、
周りの人の心のあり方。。

逝く人へ、(生きてる人へ)本当のお坊さんの
役目。。、

逝く前に義母のところに
挨拶に行った父。

息子の正夢。

亡くなる日の
悲しいけど笑える話。

誕生日に荼毘に伏した父。

心にしみたお説法・お経。
(洞光寺の新住職)

初七日法要・・・・

本当の父の想い。。

色々なことを綴りたくも・・・、

明日から北海道に行ってきます!

父のお骨と母と一緒に。

札幌で父の「偲ぶ会」あり。

ご挨拶まわりや、名義変更手続き。。

じんわり悲しみに浸れるのは
いつかや~。。

でも偲ぶ会では
久しぶりにいとこ達(親戚)に会える。

密かに楽しみ。

お骨は白い布で包み、
首から下げて飛行機乗るのかなぁ。。

今時それはないよねっ。



2012年10月24日 22:44

スタッフ雑記 20121020 「父」

わかりました。
あの龍の勾玉・・・。

父のでした。

甥の修学旅行のお土産に
父がもらっていたものでした。

どうして私のバックに?

思い出しました・・・、
父と一緒に父の病院へ行くとき、
父から私が財布を預かって、
バックに入れていたのでした。

父の財布を確認すると、
あの龍がくっついた玉が、
ぶらさがっていました。

財布を預かったときは、玉&勾玉には
全然気が付きませんでした・・。

そして勾玉だけが私の
バックに落ちていました。

玉はどこ?
運命の人が持っている?

な~んて、思っていました。

父でした。。。

その父が・・
今月・・10日息を引き取りました。

86歳でした。

前立腺の癌だった父・・。
背骨に転移のため
起き上がれなくなったのが

9月7日。

緊急入院いたしました。

転移は病院からだれも
知らされていませんでした。

それが逆に良かったのかもしれません。

前立腺のガンは20年かけて
ゆっくり進行すると聴いていましたし、

骨に転移しても長く生きるらしいです。。。

でも父は今までガンと戦い続け、
心身共、もう限界だったんだと思いました。

安曇野へきたとき、
父は自分の最後を
感じていたのかもしれません。

父への想いは、
測りしれなく、
綴り切れませんが、

ここに生前の皆様のご厚情に
深く感謝いたします。



2012年10月20日 09:41



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270