玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20140429 「ぶっとび会」

4月の始めに引越しした
KYちゃん宅で今日は皆を呼んで
引越しありがとうパーティーです。

安曇野の明科という
北アルプスの眺望がすばらしい場所です。

お料理手伝いでちーちゃんと
早くにお邪魔しました。

外ではカメラマン&大工?の
旦那さんが炭火を熾しています。

ザーサイタレのお豆腐、
ニンニク人参ドレッシングのサラダ、
玄米おいなりさん、
うどの酢味噌和え・キンピラ、
コロッケを用意。

あとは皆さまの一品持ち寄りです。

蕎麦サラダ、生春巻き、団子、
手作りパン、マクロビケーキ、
舞茸ご飯、ビーフン等々

みんなおいしそ~。

城主の末裔のGさん、楽健のKちゃん、
Tさん、スピリチャルライタ-ごまちゃん、
ジャレッシュ、よつばプロジェクトのみなさん、

みなさん、素晴らしいキャラクター。

宴もたけなわのところで、
この家が最初どんなにボロボロだったか。。

を、ご披露したく、

カメラマンの旦那様が撮った写真で
スライドショーがはじまりました。

で、でも、さすがカメラマンだから、
写し方が上手なのか、

ーどんなにボロボロだったかー
 が、うまく伝わらない。

みんなブーイング。

KYちゃん家は高遠と
いうところに別荘がある。

そこの写真も見せてくれました。

そこは最初からの旦那さまの手作り別荘。

昨年私の誕生日会をそこで
やろうって、
KYちゃんが誘ってくれていたが
お流れになっていた。

「なにもない別荘よ」
ってKYちゃんは言っていたので、
(ご謙遜。。)

バラック。。を想像していたが、

なんと居間が吹き抜けになっていて、
フインランドから持ってきた
サウナまである、

すんばらしい別荘だった。

私も一回も連れてってくれてないの、

と、KYちゃんと世田谷時代から
仲良しのロープスのなおちゃん。

ロープス
http://blog.ropes.shop-pro.jp/

KYちゃんも不思議な人ですが、

このなおちゃんもふしぎ。。。

アメリカのアーミッシュの住む近くに
住んでいたこともあり、

かなりの霊力もあり。

小樽の手宮の洞窟に不思議な
壁画があってね、とか

安曇野の満願寺の
橋の下にお経が書き連ねて
あってね、とか、

不思議な話をたっくさん
してくれました。

KYちゃんが
「もう運転できないないから
 ひろこちゃん送迎して~」

って~夜に池田町の書店で
「言霊のつどい」があって

ぶっとんだ
人達が集まるだって。

UFOを何回も見たり、
不思議な体験をした人、

ピアノと朗読があり、
そしてヤマンバって人がきて
お話しをしてくれるそうな。。

ーこの人とはなかなか繋がれないから
 行った方がいい!-

って・・なおちゃん。

う~~ん。。。。

ぶっとんだ会は
ここで充分なんですけど・・・。

この中で不思議な人は
ひろこちゃんだよね。

ってみんなに言われ、

(変な人。。とか、
 変わった人。。といわれることは
 私にとっては褒め言葉ですが。。)

みなさんは?。。
みなさん。。も?

頭を??マークでいっぱいにしながら、
ぶっとび会をおいとまいたしました。



2014年4月30日 19:27

スタッフ雑記 20140424「新四賀コース」

今日は四賀村に行きました。

松川村のグリ-ンハウスに
滞在している羽生先生の姪っ子ちゃん
ちーちゃんと一緒です。

四賀行き目的

1.洞光寺の若き住職ひろしさんに
  しばらくぶりで会うため。

2.昨年から田んぼで係わっている
  D君にあって田植えの打ち合わせをするため。

3.四賀の「ばあ茶」といって障害者の方が焼くパンと
  水餃子が美味しい店でランチするため。

4.以前紹介した種子島に住んでいたご家族宅に
  子ども達の服のお下がりを届けるため。
  

最初はそうでしたが

1.ひろしさんお仕事でおでかけ。
2.D君茨城の実家に行って不在。
3.水餃子を作る人が急用でおやすみだったため、 
  店が休業・・。
  たまたま店から出てきたヘルパーの方を
  とっつかまえて店に乱入。
  かろうじてパンだけゲット。
  明太子とジャガイモのパンと
  コーンパンを買いました。

  やさし~味です!
  
4.の、まりちゃん宅は古民家です。
  古いけど部屋が何部屋もあり
  外には旦那様が作った石釜、ブランコがあります。
  
 
「こんにちわ~」って声かけたけど、
 開け放された縁側の向こうには人の気配なし!
 

いなかったら玄関に置いておくねって
伝えてあったから、

洋服やら3回しか使っていない野球のバット
ーこれは下の子が欲しいってえらく号泣したので
負けて買ったもの。。。

ここの3人の男の子に
使ってもらうため買ったんか~(笑)

その他キックボード、サッカーボール
バスケットボールなどを玄関に置いていると、

まりちゃんが帰宅。

近くでヨガをしてきたって。

もとダンサーだんな様は最近修行して
薪ストーブ職人になっていた。

家のなかの旦那様作
オーブン付き薪ストーブを
拝見!

ほし~い。

家の中に2段ハンモック。

ほしい~い~。

ちーちゃんも感激。
ちーちゃんの知り合いに
シタール演奏(不思議な)のご家族がいて
ライブ会場を探しているって。

まりちゃん宅どう?
って話したら、

まりちゃんが今ヨガで
行って来た「かぎや」さんが
いいよって教えてくれました。

「かぎや」さんは
まりちゃん宅から
すぐのところ。

いざ出陣。

かぎやさんは普段は
金、土、日しか
喫茶は開店していなく、

中島デコさんのところでお勉強してきた
奥様のオーガニック料理がいただけるそうな。

ちょっと風邪気味のかぎやのだんなさまが、
快く中を見学させてくださいました。

やはり130年の古民家です。

みんなで作ったという、中はなんと
癒しの空間。

ひょうたん職人でもある
旦那様のすんばらしいひょうたんランプあり!

素泊まりもできるそうで
こんどシタール演奏のときには
泊まりこみしたい!

「KAJIYA」さん

http://kajiya.boo.jp/.

きょうも良い出会いをさせて
いただきました~。

帰りは明科経由で池田町に抜け、
自然酵母パン「ぶんが」のテラスで
お茶し、

北アルプスの真向かい池田のクラフトパークの
ある山で北アルプスと池田(安曇)の平野を
眺望、感激し(何回みても)、


松川村の駅でちーちゃんと別れ、

気持ちのいい山麓線を
軽快にドライブして
帰りました~。

このコースお勧めです!



2014年4月24日 15:07

スタッフ雑記 20140421 「出雲族・安曇族」

田んぼに水が入り田植えの
準備がはじまりました。

連休に苗が植えられるまで、
しばらく大好きな「水鏡」が
みられます。

諏訪大社に行ってきてから

「住吉神社と安曇族」という本が
 亀井 勝著(龍鳳書房)
気になって読みました。

 (亀井 著「安曇族と徐福」もあるようです。
     http://kouinequal.arrow.jp/top.html  )

2年前に買ってあったのですが、
少し読んで置いてありました。

改めて読んで、なるほど~と
思いました。

要約すると
「諏訪に逃げた建御名方命は 
 諏訪から出ないことを約束した。
 
 しかし663年の白村江の戦いで勢力が衰えた
 安曇族の支配する安曇野の地に出雲族の出自諏訪族が
 進出してきた。

 そこで諏訪大社の祭神建御名方命を
 安曇野の住吉神社に祭った。」

この本に載っていた住吉神社は
三郷にあり、

考えたら4年前、穂高に行く途中
農道より奥に行ったところに
鎮座するこの住吉神社に
ふいに立ち寄りお参りしていた。

又別な日に道に迷い穂高近くの
住吉神社に辿り着き、
そこでもお参りしていた。

ご挨拶していたんだなぁ。

天照大御神が瑞穂の国を
治めるため、大国主神のもとへ
何度か使いを出した。

3度目の使いの建御雷之男神と
出雲大社の祭神大国主神の息子
建御名方命は力比べをして
建御雷之男神が勝ち、

建御名方命は諏訪に
逃げていった。

この本によると、
建御雷之男神は大和朝廷と、
書いてある。

すると天照大御神が
大和朝廷?!

そして安曇族についてこう
書いてある。

「出自は紀元前473年中国春秋時代越に滅ぼされた
 呉の国の残党が北九州に渡ってきた。

 今の福岡市東区志賀島を拠点に
 日本列島に弥生時代の基礎を築いた。」

安曇野の穂高神社の
お祀りしている神様は

天照大御神や綿津見の神です。

神社の系譜をみると
その子供に豊玉姫(乙姫さま)と安曇比羅夫連がいる。

てぇ~っと、安曇族は
大和朝廷?

「大和朝廷においやられた
出雲族」は一般的な説ですが、

そうなると
安曇族は出雲族ではない
ですかね。

「竜宮城はどこですか」

という本を友人から紹介されてから
安曇野へあっという間に
引越ししてきた。

この本には
安曇族=出雲族となっている。

また家内を整理整頓していて出てきた
誰が買ったか
「マンガ日本史」
   (白井 明著ー評論社)の本には

「BC3~2新しい文化が大陸から
 伝わった。
 弥生式文化とよばれ北九州から東日本へと
 波及し、縄文式文化と交代した。」

「紀元前後の小国家の時代を経て、
 連合国家の時代が到来した。卑弥呼の
 収める邪馬台国が代表的なもの。
 所在地については九州説と近畿説がある。」

「4世紀前半頃大和朝廷は全国統一をなし、
 朝鮮半島へ進出。
 百済・新羅に圧力を加え高句麗と激戦」

安曇野の穂高神社の神様の系譜には
豊玉姫に並んで安曇比羅夫連の名がある。

安曇比羅夫連は663年の百済救済の戦い
前述の白村江の戦いで戦死している。

そんで途中の卑弥呼は
どこの何者???

なにがなんだかわからなくなってきた・・
ね・・。

数日後のある日、
友人に誘われ講演会に行った。

その講演は経営に関する
講演会だったのですが、

その講演の最後に
「日本の国は出雲族と大和朝廷が
 譲り合って、今の調和した日本が
 できている。
 
 日本人の歴史はそこから始まっている。
 そして今我々はこうして生かされている。」

なんと出雲づいている今日この頃。

そして、
「現在西暦2014年。

 日本の歴史は、
 皇紀2674年だそうです。
 (西暦に660をたすそうです。
  ちなみに660は軽自動車の排気量だそうです。)

 この年号の始まりになにが起きたか、

 ー神武天皇が奈良の橿原に都を開いたー

だそ~です~。

そ~だったんだ~。

ちなみに
綿津見命の子豊玉姫(乙姫さま)と、
ニニギノ命の子ほおリの命(山彦ー浦島太郎)の
子供ウガヤフキアエズの神は、

豊玉姫の姉妹玉依姫と結婚した。

できた子供が「神武天皇」(神倭伊礼琵古命ーカムヤマトイワレビコ)と
なっている。

なんだか
「なるほど~」と思ったり、
「う~~ん」と思ったり、

そしてなんだか益々わからなく
なってきたり・・。

安曇族、出雲族の謎解きに
古事記が深くかかわって、

混乱、毎度頭が疲れて。。

充電してから、

又考えよう・・・。。。

おやすみ。



2014年4月21日 22:03

スタッフ雑記 20140409 「諏訪大社」

心の垢が(少し)とれた私は
楽しくなってきた。

浮かれ気分(春だから・・?)

経済的にピンチの状態でも
の~てんきにしていて、
あせって働こうという気が・・、
ない。。

そんな時、ひまりさんから
お誘いが・・。

「山梨の一宮に、だんな(穀物菜食の店マナヤの料理人)の
 マクロビ講座で一緒に勉強した仲間がお店をしていて。。
 勉強がてらランチしにいくんだけど一緒に行かない?」

行っこう~かな~~。

ひまりさんとだんなはん、そして
太陽のような子・まなと君と
甲府にレッツゴー。

交際範囲の広いひまりさん。

今回あえて私を誘って下さったわけが
あとでわかりました。

それは諏訪大社でした。

諏訪にさしかかたとき、
諏訪大社の案内板をみた私が

なにげに
「わたしまだ諏訪大社お参りしたことが
 ないんだよね~」
  と言ったら、

ひまりさんが
「あらっ、不思議。
 ひろこちゃんは出雲族、安曇族って感じなのに。
 縁ある諏訪大社にいってないなんて。。。
 じゃ~行こうよ!」

ひまりさんも、降りてくる人でした。

旦那はんがすぐに諏訪大社の下社春宮に
車を着けてくれました。

こじんまりとしたお宮、
武家屋敷のようなたたずまいを
感じました。

あまり人もいなく、静かな空間の中で
お参り。

お参りしたひまりさんが
「ろこちゃんを連れてきてくれて
 ありがとうっておりてきたわ」

そうなんだ~。
連れてきてくれて
ありがとう~。

とっても遅いご挨拶でした~。

それから下社秋宮へ。
聴く所によると、ひまりさん一家は
何年か前はこの秋宮のすぐ近くに13年
住んでいて氏子さんだったって。

今住んでいる松本里山辺も
諏訪の御柱祭りに縁ある場所だそうです(偶然)。

ひまり様も諏訪に縁あるんですね。

秋宮に前に立ったとき、
ひまりさん曰く、
「エネルギーが強くなってる。
 ちょっと前までは閉じていたのよ。
 パワーがあるわ」

なにも感じないわちきは
そ、そ~なんだ。。

ありがたくパワーをいただく。。

「ろこちゃん家で「真澄」のお酒をお供えするって
 きてるわ。」

「真澄」ってこの鏡(お宮のなかにある神鏡)のことを
いうんだよ、って旦那はんが教えてくれました。

日本酒は飲めない自分でしたが
お酒「真澄」の名前は昔からよく知っていました。

諏訪のお酒だったんですね。
諏訪の宮坂醸造さんで作っているそうです。
http://www.masumi.co.jp/index.php

そっか~今度真澄お供えします。

それから白州の道の駅で
地元の野菜をたくさん購入。

笛吹市一宮にある
農カフェ「hakari」さん
http://hakari.o-kita.net/
に行きました。

元々実家が桃農家をしていたところに
娘さんが農カフェを5年前に開店。

今回は桃の花を愛でながら、
お外で花見マクロビ弁当を
いただくイベントです。

すこぶる寒かったので
レトロな店内でいただきました。

香辛料のほのかな香りを取り入れた
若い感性ならではの、
個性ある美味しいお弁当でした。

酒かすの入ったパウンドケーキは
格別!

パワーあふれるまなと君に
ほんろう、微笑ましさを
いただきながら、帰路に着き、

別れ際ひまりさんに
「ろこちゃんパワーが強くなったみたい」

あっりがとうございま~す。

諏訪のパワーをいただき、
美味しいものをいただき
楽しい意義のある1日を
過ごさせていただきました~~。

感謝、感謝。



2014年4月 9日 11:09

スタッフ雑記 20140407 「内観・養育費」

まだまだ冷たい風ですが、
春らしくなってきました。

昨年つばめちゃんが作った巣が
そのままになっていましたが、

最近2匹のつばめちゃんが
入居いたしました。

いつもは田んぼの代掻きの時期に
来るのですが、
今年はちょっと早い
ようです。

でも、ようこそ~です。

先日、穂高の有明の家で
1日内観をしてまいりました。

波場先生に替わり
飯田の中野節子先生が
所長です。

信州内観所
http://www.geocities.jp/naikan_s/

父が亡くなってから
心身落ち、

更に色々なことが
浮かび上がり、

親への感謝が薄れ
心が起き上がれなくなっていました。

この時期、時間も与えられ
いい~タイミングです。

中野先生は
1日で大丈夫かしら?と、
危惧されていました。

通常は1週間の
集中内観です。

と、とりあえず、
時間もお金もないし!
お願いします!

通された部屋の屏風には
吉本伊信先生の内観の方法の紙が
貼ってありました。

親に対し調べていきます。

「していただいたこと。
 お返ししたこと。
 ご迷惑をおかけしたこと。
 そして養育費。」

「養育費」。。。!?

今まで内観でこの
養育費はしたことがありませんでした。

今日は養育費を計算することに
なりました。

やり方、計算方法を
ご指導いただきました。

0歳~6歳。
小学校。
中学校
高校。
大学。
結婚まで
分けて計算します。

例えば食費は1食300円
(すべて現在の金額で)

なので、0歳~6歳までのは・・

検診費 1万×20回=20万
出産費        10万
おむつ代       10万
食費  300×3×365(日)×6(年)=約197万円。
光熱費 3万(ひと月)×12ヶ月×6年÷4(家族)=54万
日用品 0,2×12×6=約14万
衣類・靴  5000円×3(組)×12×6=約164万
幼稚園 2万×12月×2年=48万
 靴、鞄、制服       5万
お祝い(誕生会、外食)   6万
家電(テレビ、冷蔵庫・・)  
布団代           10万
住居費  3万×12月×6÷4人=54万

その他習い事があれば
それも加算するそうです。

家を購入したらそれも家族の人数で
割るそうです。
受験費用、大学入学金、引越し代、
お小遣い、着物代・・・

そうしましたらですよ、
わたしは6歳までで約500万でした。

結婚するまででしたら
なんと
2500万円の養育費が
掛かっていました。

計算し終わったとき、
中野先生が言いました。

「お金も愛情ですから」

この一言が
私の心に響き、深く入っていきました。

父が亡くなり家の後始末をしていて
色んな想いがよぎり、

親にないがしろにされたような
気持ちになっていました。

でも今理屈でなく、
深いところからこみ上げてくる
深い想い、
熱い涙、
感謝、

ずっと嗚咽して泣きました。

父母の笑った優しい顔が
現われます。

「愛されていた」

そう心から思えました。

きっと愛情表現がなくても、
たとえ暴力をふるわれても、
お金をかけてもらってなくても

この世の「親」は無条件の深い愛をもって
子をこの世に出してくれている。

深いところで
そう感じました。

今まで母のことでは
深く入り、

涙することができていましたが、
父はなかなかできませんでした。

でも今回は父と母、
一緒に感じることができました。

ありがたかった。

いじけた私の想いは
なんと「ちんけ」な
ものでした。

なんとか1日で
心を立て直すことができました。
(まだまだですが。。)

人間の心はほんに危うい。

一進一退。。。

・・では進まないので
三進一退くらいにしておきましょう。

体の毒だし、

そして心の毒だし、

春。。。。

新陳代謝中です。



2014年4月 7日 17:47



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270