玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20140529 「おうち」

つばめちゃんの巣が
落っこちて、

でもつばめちゃん夫婦は
巣のあった場所で
夜、寄り添ってとまっていました。

何日かたってから同じ場所に
巣が作られていきました。

みるみるできてきましたっ!

よかった~。

早朝散歩していたら
散歩中のRちゃんに
会いました。

Rちゃんはいつも
不思議なタイミングで会い、
そのとき私に必要な言葉を
くださいます。

もうすぐ引っ越す予定の家に
連れてってくれました。

そこは散歩ルートの近くの
住宅街のなかにありました。

門から敷地に入り玄関までくると
玄関の向こう側が小さな縁側になっていました。

縁側の向かいはちょっとした
庭園になっていて、

縁側、縁側に続く和室では
密集した住宅街とは思えない
ゆったりとした空間を
味わえます。

前の持ち主は建築家で、
自分で作った家らしく、

随所にセンスが見られます。

ずずい~っと見回った後、
Rちゃんが我が家まで送ってきてくれました。

Rちゃんに鉢植えの中のつばめちゃんの巣を
紹介しました。?

こわごわみたRちゃん、
すぐに柔らかな表情に変わりました。

「なんて繊細で幸せな空間」

「家ってほんとはこうなんだね」

ってRちゃん。

そしてこんな話をしてくれました。

あの家の庭にオレンジのバラが
咲いたとき、

ピンクのバラが好きなRちゃんは
電話でお母さんに
「ピンクのバラがいい」と
言ったそうです。

そうすると次にあの家に行ったとき、
なんとオレンジのバラの株から
ほそ~く伸びた茎の先に
なんと、大きなピンクのバラが咲いていたって!!

どっひゃ~~。

そのけなげさに
号泣したというRちゃん。

家にも意識あり。

その家にはその住人。
最初から決まっている、
って、聞いた事があります。

私を待っていてくれる
「けなげ」なおうち。

もうすぐっかなぁ~。



2014年5月29日 21:17

スタッフ雑記 20140524 「田植え」

玄関のツバメの巣が
おっこちてました。

ど~しただ~??(こちらの方言)

去年の巣だったから?

今年のつばめちゃんの
リホーム補強たりなかったかや??

落ちた巣は糞を受ける新聞紙の重し代わりに
おいておいた空の鉢植えの中に壊れずにすっぽりと
入っていました。

覗くと泥でできた巣の中には、
細い藁、その上には羽が施されてありました。

なんとも繊細な、小さいけれど、
幸せな空間を見せていただいたような
気がしました。

で、でも、今日からつばめちゃん夫婦、
どうするだ~??

四賀で田んぼの
お手伝いしています。

昨年秋肥料まきをして、

先日は田んぼを耕し
畦シートを張りました。

二日後田んぼを整備して
用水路から水を入れ、

水が入り始めたときは
感激しましたっ。

3年間休田していた土は
水の吸収がはやっ!!

でもその日夜半から
惠の雨が降りました!

神様ありがとう~~。

それから代掻きをしました。

ドロドロの田んぼの中で
すき鍬で泥を練っていると、

「わたし、土だったかもしれない!!」

と、思うほど土と一体化したような
気がしました~。

だんだん田んぼらしくなってきました。

来週苗を植えま~す。



2014年5月24日 12:57

スタッフ雑記 20140521 「楽しかった二日間」

日の出の時間が段々早くなって
きました。

ほとんどの田んぼには
苗が植えられていて、

でもまだ苗が小さいので水鏡には
周りの山々が映し出されています。

先週、北海道から友人が
安曇野探索に来てくれました。

網走の近くの美幌というところで
小学校、中学校一緒でした。

現在は彼女。。。TKちゃんは。。

札幌で税理士事務所を経営していて
社会労務士の資格も持っている
才女であります。

去年実家で整理をしていたとき、
小学校の卒業記念の文集が出てきました。

それには小学校の思い出、
将来の夢の作文とかが、
載っていて、

面白かったのが、
尊敬する人、趣味、あだ名等々
個々の一覧表のところ。

そのTKちゃんと私は
尊敬する人

ーオスカルー

と、書いていました。

当時漫画「ベルサイルのばら」が
大人気でした。

他の人は
「土方歳三」(「どかた」だって!あはは~とTKちゃんと笑っていた。。)
「リンカーン」
「ウイリアムヘル」?(今でもわからん)
「先生」

と、素晴らしいことを書いているのに。。。

あほやったんやな~~
でもTKちゃん。。
かたやエリートコースを歩んでいる。

ちなみに一覧表の彼女の趣味は
「マンガをかいあさる」でした。

さてそのTKちゃん、
東京で寄席をみて、一泊し
昼頃バスにて松本駅にとうちゃく。

一人旅のときは計画満載して
行くらしいが、

今回はお任せコース。

ではでは、
新四賀コースを周ることにします~。

最初にいったのが
洞光寺。

住職ひろしさんはお葬式で
不在でしたが、

お父様が庭の花々を見せて
回ってくださいました。

気に入った彼女は
「ここのお墓に入ろう」

古民家かじやさんを見学して
(満員でランチはあきらめ)

明科のKYちゃん宅に寄り、
近くのできたばかりのお蕎麦やさん

「吉盛(よしもり)」に3人で行き、
(お蕎麦、山菜の天ぷら
  と~っても旨い!)

急遽KYちゃんの治療を受け、

池田のクラフトパークで
北アルプスをながめ、
「いつまでも見ていたい」

さらに向かい側の有明山の麓、
青崎荘でまたまた蕎麦を食べ、

近くの備前焼の「昇窯」に行き、
記念に小鉢をひとつ。
「アイスクリームを入れよう」

大王わさび田の近く、
民宿「ごほ~でん」に
荷物をおき、

豊科の居酒屋で
地酒「大雪渓」でいっぱい。

次の日は
早朝わさび田を散歩(日の出はあと一歩で逸し)、
たんぼで水鏡を堪能。

満願寺で
 鐘をつき、宇宙の音に酔いしれ、
 「命の水」の湧き水を飲み、

 先日ロープスのなおちゃんが言っていた、
 橋の裏に書かれているお経を
 確認して、

せっかく長野に来たんだからって
おやき!

ってんで、
ナギラさん、山下さんのはた楽工房で
作った就労施設

おやきやクッキーの店
「むぎのね」
が5月7日に豊科駅前に開店していたので、

そこへレッツゴー!

日曜日だったのでおやすみ↓。

めげなく有名な
「酒田のおやき」屋へ
ゴー。

私のお気に入り
「ひじきくるみ」を
おみやげに持たせ、

12時の新宿行きに
乗って帰省されました。

とんとん拍子で楽しんだ彼女、
と、思いきや。。。。

その日夕方・・・
「飛行機に乗り遅れ、
 成田で一泊です」

と、彼女からメールが入った。

今格安航空券LCCだかが、
成田から札幌まで飛んでいる。

そのご利用だったが、
なんだかんだで、
チェックイン35分前までのところ、
10分だけ遅刻。

そんだけなら入れてくれるだろ~~。

成田のホテル?

いんや!空港のベンチだった!

夜の彼女のメールは
「今ベンチで命の水、おやき、
 おにぎり(私がお昼のお弁当に渡した)食べてます。」

楽しかった二日間。

最後のオチはここ~?

この悲しい?(TKちゃんはかなしくないよ~と、
いっとった)最後のできごとをオチにすることを
TKちゃんは快くOKしてくれました。

TKちゃん、今度は滞在コース?を
もくろんでいる。

ゆくゆくいじゅう~?

おいで、おいで~~~。



2014年5月21日 19:00



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270