玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20150221 「はた楽工房」

今年も、どか雪のカマキリ予報でしたが、
さほどでもなく、

今日あたりは春の日差し。

長い間ブログもお休みしていました。

ホームページの料金を支払いするのに
IDパスワードを入力しなくてはならなのですが。。。

パスワードがわからなく・・・、

更年期障害なのか無気力さも手伝い、
そのままになっておりました。

今年に入り生き生き仕事をしておりました。

そこはナギラさんと山下さんが
立ち上げた就労施設
「はた楽工房」。

ナギラさんたちとは、
安曇野へ来てすぐに高橋信次先生の縁で
出会い、
はた楽工房の前身、「有明の家」で玄米炊いて夕食作りを
しながら、
そこで青少年さんと交流し、

内省ワークなどを山下さんとナギラさんと
しておりました。

はた楽工房を立ち上げてからは、
ちょっとずつ係わりながら、いましたが、

2年ばかり離れておりました。

はた楽工房で昼食作りをしていた
人が辞めて、

そこへ入ることになりました。

スタッフが増え、利用者さんも
たくさんいらっしゃいます。

久しぶりに会うナギラさんは
たくさんの経験を経て、
さらに大きくなっていました。

最初は腰かけに考えていました。

でも気が付きました。

毎日近くの老人ホームでの
お掃除を終え、

利用者さんたちが帰ってきて、
台所に入ってきます。

色々お話します。

色々な事情の環境で育った
利用者さん。

障害?(何をもって障害というのか疑問ではありますが)
を持った利用者さん、

でも、それだからこそ、
心はとってもピユア。

わたしは癒されていました。

お母さんと縁の薄い
青少年さんもいます。

母のように慕ってくれます。

逆にわたしが癒されてます。

わたしがやりたかったことが
ここにある。

そう思いました。

ナギラさんとの気持ちも
より近づき、

お互いが必要な存在だったことに
気がつきました。

後でも先でもなく、
このタイミングだったね、と

ナギラさんがいいました。

同じことを感じてました。



2015年2月21日 11:57



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270