玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 200531 「内観」

6年ぶりでしょうか。
内観にいってきました。

有明の家
「信州内観所」。

はた楽工房での
スタッフ研修で内観を
導入しています。

予定は五日間です。

最初の二日間は日帰り内観で、
あとは泊まりにしていただきました。

更年期ウツ?なのか
長い期間、気力、体力が落ちて
おりました。

内観を受ける二週間前に
それが「抜けた」気がいたしました。

それでもそれまで長い間、
散歩中のプチ内観ができない状態でしたので、

降り積もった垢で
全身おもか~。

すこしでもピカピカに
なりたい!

1日目は、
バサバサした「気」を
沈めるので精一杯でした。

風邪を引いてましたので
頭が痛く、肩はバンバンに張って

とっても苦しかったですが、
頑張って座りました。

三日目の夜にようやく
抜けてきました。

意識がクリアーになってきました。

色々させていただきましたが、
目からうろこでしたのが、

「嘘と盗み」の24項目
についてでした。

人に対しての嘘はもちろん、

自分に対しての嘘。
正当化する。
言い訳。
見栄。
逆恨み。
逆切れ。
嫉妬。
八つ当たり。
自分以下に見せる。
自分以上に見せる。
場の空気を盗む
 (雰囲気を悪くする)
等など。

苦手な人と無理に付き合う、は、
自分以上に見せる。
に当てはまるらしい。。。

これを0~5歳、
6~10歳・・・・

細分化して調べていきます。

わたしはかなりの量になりました。

調べた一生のなかで多い項目の上位を
5つ抜き出し、

その人物像を書く。

わたしは人の心を傷つける。
八つ当たり。
自分以上に見せる。
自分以下に見せる。
自分の心に嘘。

でした。

この人物は自己中心で
本心がわからず見栄っ張り。
良い人でいたい。
外面が良い。ストレスたまる、

改めて自分は
性格破綻者じゃったのう~と。
こんな人いやだ。

部屋を暗くして窓を閉め
「これから流れるテープに話を
 聞いて、指示に従ってください」

と、スタッフの真さん。
(友人の牧師並の品格ある真さんは
 この内観所のスタッフとして活躍しています。)

吉本伊信先生の
テープが流れてきました。

「死を見つめながらするのが
 内観である」

この言葉を聴いた途端、
涙がこみ上げてきました。

「もしあなたがあと15分でこの世から
 いなくなるとします」

「枕元にあなたの大事な人達が
 集まっています」

「手を差し伸べて、あなたの1番先に声をかけたい
 人を呼んでください」

わたしは泣きながら長男を呼んでいました。

ーお母さんのところに生まれてきてくれて
 ありがとう。苦労かけたね。
 あとは宜しくね。ー

母でもなく主人でもなく
長男でした。

周りの人に対しての

お世話になっとこと。
して返したこと。
迷惑かけたこと。

生まれてから5、6年ごとに
調べました。

すっかり忘れていたお世話になったことが
たくさん思い出されてきました。

なんてたくさんの皆さまにお世話に
なってきたんだろう。

なんてたくさんの愛を
いただいてきたんだろう。

感謝の気持ちでいっぱいに
なりました。

感謝の気持ちを忘れていた。

感謝は自分を幸せにする。

そう思いました。

感謝を感じられる心。

そこだと思いました。

それには常に心を
クリアーにしていなくては
できません。

ドロドロになったからこそ
それがわかりました。

改めて日々の内観の大切さを
感じました。

静かな時間を必ず持つ。
呼吸を深くする。

日常内観

お世話になったこと(大事にされて愛されている)
相手様にして差し上げる(自分の喜びの伴う)
迷惑をかける(相手の立場にたつ)→すぐに謝る(自分の非を認める)

大事に行っていきたいと思います。



2015年5月31日 20:49

スタッフ雑記 20150510 「美しき緑の星」

札幌の友人Uちゃんから
「すごいからみて!」
と送られてきたフランス映画、

「美しき緑の星」
http://mintmk.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

ユートピアじゃなぁ~。

地球の生活がなんとも
毒々しい。

観る前から感動した友人、
観ても「わからんかった」という・・親族↓。

そうそう、人はその昔、テレパシーで
しゃべってたってきいたわ。

私なんて、心の中を覗かれたら
大変なことを思っていたりするけど、

その星の人達は、きっとみんな綺麗な無垢な
心の人達なんだなぁ。

送ってきてくれたUちゃんは、
札幌の友人Sちゃんの友人で、

5年前長野に旦那さんと旅行に来ました。

そのスケジュールは、

松本空港で降りた足でまず、

上高地に行き、次の日
 ゼロ地点と追われる

分杭峠(ぶんぐいとうげい)に行き、
 それから次の日

戸隠神社に行き
 翌日

安曇野にやってきた。

かなりハードな
パワースポット巡りであった。

会ったときはかなり疲れて
パワーが無くなっていた。。。??

素敵な映像送ってくれて
ありがとう。



2015年5月10日 16:56

スタッフ雑記 20150503 「ももちゃん」

早いものでもう5月です。

安曇野は真夏のような
暑さが続いています。

田んぼは早いところでは
もう苗が4月の中頃に
植えられています。

ところどころ水が張った田んぼには
常念岳などの山々が映し出され、

綺麗な水鏡をしばらく
楽しめます。

夕方からケロケロ、ゲロゲロと
カエルの合唱が聞こえます。

なんとも幸せな気持ちになります。

先日マナヤにBさんと行って
そこでとても良い出会いがありました。

南アルプス(山梨)に住んでいる
「ももちゃん」

スピリチャル名?
「葵」

ももちゃんは生まれる前の
天上界からの記憶を持って
生まれてきてしまったらしい。

ももちゃんが話してくれた内容は

前世が終わりやれやれと
天上界でゆっくりしようと思っていたら、

すぐに生まれ変わる指令がおり、
いやだから反抗していたら、

無理やり今のスマートフォンのような
大きな画面でたくさんの親の候補の顔を
シュシュと見せられ、

結局この親にしなさい!って
決められ、

(我息子も迷っていたら、天使に「この親にしなさい」って
 言われたっていっていたわ)

羽のついた板のような物に
くくられ、

ビュ~ンと飛ばされて
この世におりてきた。

このとき通常今までの記憶を消す
ものを食べて来るらしいが、

それを天上界の役員?が
食べさせるのを忘れたらしい。

あまりにもももちゃんが
反抗するから・・・。

だからももちゃんはお母さんの
お腹にいるときの記憶もある。

生まれたとき、最後の抵抗で
死んだらしいが、

たまたま外科の先生がいて
助けられてしまったらしい。

小さいときからみんなが見えてないものが
見えて、・・・小人とか。。
(みんなは見えていると思っていた)

とくにドロドロした緑の物体。

この世で生きると
観念したのが20歳のときらしい。

今はももちゃんヒーラーを
やっている。

ご使命ですね。

「立沢百江」「葵(あおい)」
気学、算命学、タロット、カードヒーリング、等々。

フェイスブック、アメーバブログもやっているみたい。

こんどBさんと、ももちゃんに
会いに南アルプスに行ってきます。

マナヤでは9月に
ももちゃんの旦那様の写真展が
あります。

ももちゃんのだんな様は
死にそうな体験をしてから

啓示を受け、

それから富士山の不思議な写真が
撮れるようになったそうな。

その写真のカレンダーもあり。

この時期にこのような食べ物が
体にいいです、って書いてあって
(ももちゃんのプロデュース)

不思議なカレンダーです。

今日は山野草のイベントに
Gさんと行ってきま~す。



2015年5月 3日 07:55



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270