玄米ご飯ショップ「みらくる」は、Jワード ”玄米” のオフィシャルブランドです。 sitemap


スタッフ雑記 20151122 「久しぶりに鼻息が・・」


ようやく風邪も良くなって
きました。

健康が1番やなぁと
しみじみ感じる今日この頃です。

最近高校3年の上の子が
大学の面接の準備で色々調べ物を
しておりました。

TPPについて。

詳しいことはわかりませんでしたが、
日本の農業が危うくなる、という、
危惧は感じておりました。

米は輸入量は増えるけど
関税は現状維持だから、
安部総理は頑張ってくれたと思う、

と、息子。

豚肉、牛肉は関税撤廃だから
安い肉がたくさん入ってくる。

現在国内の米は畜産の
餌になっている。

畜産業もままならなく
なったら、??

米もだめ、肉もだめ。

国が農業を指導するように
なる、

と、調べたことを教えてくれた。

農協は元々農民一人ひとりの力が
弱いので、固まって強くなろう、

って出来たのが「組合」、

「相互扶助」の精神が基本のはずだった。

それがふんだんに農民に農薬を売り、
高い機械を買わせる、

規格外の農産物は跳ね除ける。
(農協ー各連合会ー全中)
連合会のでかいビルは
必要ない!

農協は解体されるという
気配。

国のすることも期待
できない。

農業では生きていけないので
公務員になった、

と、以前知り合った安曇野市役所の
人が言っていた。

「TPP」を逆手にとって
農業なりを立て直す時!

と、息子。

そ~なんだ~。

ど~やって?
あ~だこ~だと
息子とやりとりする。

けっこう色々考えているんだねっ。

30年前に締結された
「農産物輸入自由化」

減反などで支払われていた
補助金の支給がこの何年間のうちに
打ち切られる。

その土地はどうなるの?

日本の農業を復活させたい、
という想いがありましたが
うつ?になり、しばらく
無気力でしたが、

最近鼻息荒く落ち着かなくなって来ました。

「母さん、来年なにか事業
 始めなよ」

息子の声が天の声に聞こえる。

お役目があるなら
自然とそうなるかもです。

とりあえず、札幌の友人KTちゃんが
易に凝っていて、
私は11月~1月まで
「北東方向」で過ごすと良いらしい。

長野方面である。

そちら方面に
栗の名産地「小布施」がある。

ちと行って栗ぜんざいを
いただいてこようかな。

日時:2015年11月22日 09:34

blogカテゴリー

エントリー

リスト



 Copyright © 2008 竹原総合研究所㈱ All Rights Reserved.
〒152-0011 東京都目黒区原町二丁目13-3,03-5722-3270